タイの帰国子女が新卒採用に挑む就職支援のまとめブログ!

TOP > ★地方在住の就活生におすすめの宿泊方法はマンスリー、それともシェアハウス?★

★地方在住の就活生におすすめの宿泊方法はマンスリー、それともシェアハウス?★

2016.4.15

セカンドキャンパス2017年度新卒採用の選考が今年は6月開始となっているため、就活生の皆さんは3月に会社説明会を受けて6月までの超短期間で企業を絞って応募する必要があり大変です。ただし、ライバルも皆同じ状況下で動くため、限られた時間内で精一杯準備・対策を行えばあとは自信を持って採用試験に挑みましょう。地方学生にとって就活で頭を悩ますのが宿泊の問題だと思います。就活は希望通りの日程で動くこともできないため、最悪の場合は地元と企業がある都市を何往復する必要も出てきます。そのため、マンスリーのマンションを友人同士で借りれたり、シェアハウスを利用しているケースもよく見受けられます。都心などに滞在拠点があれば、移動にかかる時間や疲労負担を軽減できるため、より集中して就活に取り組むことが可能です。マンスリーのマンションは家具・家電が一式備わっているケースが多いため、スーツケース1個で滞在可能です。普通の賃貸マンションのように利用できるため、自由に時間を使うことができるメリットがあります。ただし、敷金・礼金など初期費用がかからない物件も近年増加していますが、賃料は若干高めな設定となっているのがデメリットとなります。いっぽうで、宿泊施設として注目を浴びているのがシェアハウスです。1つの住居を数人で共同生活を送るタイプの物件で、若者や外国人を中心に人気があります。家賃が安いのはもちろん、他の住居人とコミュニケーションが取れるため孤独を感じず楽しく過ごせませす。ただし、プライバシーが完全に確保されていないため、他の住居人が騒いでいてESや履歴書の作成、企業リサーチなどに集中できないこともあります。したがって、宿泊費をできるだけ抑えたい人はシェアハウスを選び、個人の空間を重視したい人は万スリ―マンションを選ぶことをおすすめします。ビジネスホテルなどに宿泊する就活生もいますが、1週間を超える滞在であれば費用も高額になりがちです。滞在手段が決まれば、あとは採用試験に専念できるので、時間がある今のうちにしっかりと決めておきましょう

就活 宿泊はコチラ

タイの帰国子女が新卒採用に挑む就職支援のまとめブログ!

ページトップへ戻る

管理人情報

Copyright (C) タイの帰国子女が新卒採用に挑む就職支援のまとめブログ! All Rights Reserved.