タイの帰国子女が新卒採用に挑む就職支援のまとめブログ!

( 更新日:2017/10/17)

★新卒採用はプラチナチケット!?この機会を逃すべきではない!★

2017.6.7

新卒採用日本は、大企業を含め多くの企業が新卒採用枠を取り入れているため、対象者が卒業見込み生に限定されるうえ、採用数も確保されているため中途採用に比べて容易に理想の会社に入ることができます。このことから、新卒採用は就活生にとってのプラチナチケットだと表現されることもあります。なかには、卒業後はアルバイトや働かずに自由に過ごす道を選ぶ人もいますが、将来のキャリアプランを考えるとそれは危険です。最近は第二新卒採用など新たな採用枠を取り入れている企業も増えてきましたが、案件数と採用者数はまだまだ限られます。また、卒業後の空白期間があると面接担当の印象も悪くなるのでおすすめできません。日本でも中途採用が活発になりつつありますが、新卒採用で入社するほうがまだまだ容易です。特に中途採用で人気の職種や企業に就きたいのであれば、それなりのスキルと実績が要求されてきます。大企業ほど人を育てる文化が根付いているため、新卒採用によって対象に採用し、経験や教育によって一人前に育て上げていきます。つまり、未経験やスキルが無くても希望の分野で正社員として働くことができる貴重な手段となります。以上のことから中途採用はあまり活発ではありません。優良企業であれば離職率も低く、社員が定着しているため欠員もなく、なおさら中途は難しくなってしまいます。今進路に迷っている人も新卒採用は受けて様々な企業をリサーチし、自分の道を模索してみて下さい。最初から就活をせずに大学を卒業することはリスクを背負うという自覚を持ちましょう。新卒採用は、東京や大阪だけでなく、福岡も活発に行われています。福岡に本社を持つ企業だけでなく、九州を管轄する大手の支社が集まる地域であるため、新卒採用を積極的に取り入れています。まだ6月初旬で間に合うので、今から挽回していきましょう。1人で活動するには不安なら新卒サポートを行う人材会社も多いので、登録してみることをおすすめします。

★2017年度の新卒採用はどうなる?就職のプロを味方に内定をゲット!★

2016.4.8

ユニクリナビ2015年度の新卒採用を振り返ってみると、12月時点で採用数が未充足と答えた企業は42.6%で前年より3.4ポイントも増加しています。これは、新卒採用は売り手市場であることを反映しており、学生にとっては有利に就活が進められたと判断できると思います。実際に、12月時点で就職先が決まっている学生は84.5%と前年より6.6%増加しています。就職先の企業への満足度も8割の学生が満足と回答しており、求人数が多いので学生が希望する職種から内定をもらえる確率も高くなったと言えます。では、2016年の新卒採用はどうなるでしょう。今年度は、日本経団連所属の企業では採用試験が前倒しの6月スタートとなります。半数以上の企業は採用数を現状維持と答えており、まだまだ売り手市場が続きそうです。3月より2017年度の新卒採用の求人情報が公開され始めているので、就活を行う人は方向性をある程度絞って、企業説明会の出席やエントリーシートの提出を始めていきましょう。その際に、先輩や友人と情報を共有しながら就活を行うかと思いますが、おすすめはプロの人材紹介企業を利用することです。友人同士の情報供給に頼ってしまうと、どうしても信用性の低い情報を紛れ込んでしまい、優良企業を見落としてしまうこともあります。また、就活中は友人でもありライバルでもあるため、有利な情報は教えてもらえない可能性だって無きにしも非ず。したがって、正確な情報を的確な分析により、理想の求人情報を紹介してくれる新卒就活支援を受けましょう。新卒エージェントは、求人紹介だけでなく履歴書の添削から面接対策まで丁寧にフォローし、二人三脚で内定を勝ち取っていきます。リクルートやマイナビが有名ですが、九州で就活を行うならユニバースクリエイトがおすすめです。麻生グループの人材紹介会社であるユニバースクリエイトは、九州に独自のネットワークを持っているため、他社では見つからないような非公開求人がたくさんあります。新卒採用は人生の今後を左右する一大イベントなので、悔いに内容周到に準備して挑みましょう。

タイの帰国子女が新卒採用に挑む就職支援のまとめブログ!

ページトップへ戻る

管理人情報

Copyright (C) タイの帰国子女が新卒採用に挑む就職支援のまとめブログ! All Rights Reserved.